コワーキングとは

コワーキングとは

コワーキングとは、近年注目を集めている、共同のワークスタイルのことです。

「一緒に働く」という意味の「coworking」ですが、従来のオフィススタイルとは異なり、フリーランスや企業家など、一般的に個人宅を利用したり、ノマドとして活動したりするなど、一定のオフィスを持たない人たちが集まり、お互いの知識や経験、技術や意見を共有し合って、それぞれの事業をより深く広く発展させていく効果が期待出来ます。

空間を共有することで、オフィスを持つコスト削減を行い、家賃や電気・ガス等の光熱費を節約し、個人や少人数の事業における負担を減らす効果もあります。

「コワーキング」という言葉が使われ始めたのは、1999年からと言われています。その後の2005年、サンフランシスコのIT業界で、現在のコワーキングスペースに近いものが利用されたところから、多くの人々に認知されるようになっていきました。

オフィス街

現在、世界中には、400箇所以上のコワーキングスペースがあると言われています。国や条件によって、利用者の層やビジネスの形態、コワーキングスペースのスタイルも、多岐にわたっています。

日本国内では、2010年に導入されたものがはじまりと言われており、現在は各地の主要都市を中心に、コワーキングスペースが多くなっています。専門のサービスを展開する業者も登場し始めています。

コワーキングスペースは、それぞれが意見を交わし、良い部分を吸収し合えるよう、オープンな空間になっていることが基本です。従来のレンタルオフィスやシェアオフィスと違い、気軽に利用できるような設計が取り入れられているのが特徴です。

会議室や飲食室の基本的なスペースから、スポーツやマッサージ、読書類などの娯楽ルームがあるところも多いです。

一般的な企業と違い、個人が自分たちのビジネスに取り組みやすいよう、効果的なスケジュールを立て、メリハリをつけて働けるように工夫されているのが、コワーキングスペースのポイントとなっているのです。

>>コワーキング特集
コワーキングに関してのコラムや解説が載っているサイトをご紹介します。

Posted in | コワーキングとは はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.